個人証明が大切な時代だからこそ

現在では、私達自身の身分を証明する方法は多くあります。もちろん、正式に認められている方法というのは今までとあまり代わりませんが、「手段」が増えているのです。現在ではオンライン上の決済も増えて、インターネットがあれば借り入れ一つも簡単に出来るようになっています。しかし、そういった場合でもやはり印鑑が必要になってくることが多くあり、まさに契約時には不可欠なもの、と言えます。

確かに印鑑は、他の証明方法と比べたときに複製しやすいとか、偽造しやすいというデメリットがあります。ただ、印鑑が持っている役割は一つでは無く、そこには『自分(押印した人)が責任を負う』ことを証明する、というとても重要な点も含まれます。その書類に押印することによって、その押印(書類の内容)に対する責任を負うことを証明する、ことになるのです。これを考えると、今後も印鑑の効力はまだ衰えない、と言えます。

印鑑は低価格のモノから、象牙などを用いた高級なものまで、多くあります。普段使う分には低価格の物で良い、と思われるかもしれませんが、法人用の印鑑や実印に用いる印鑑などは、ある程度高級な物を持ちたい、と思われる方も多いでしょう。そこで、インターネットの通販を利用出来ます。