認印と実印の違い

さて、通販で印鑑が買えることを取りあげる前に、そもそも印鑑にはどのような種類があるのか、という点について取りあげましょう。皆さんも良く用いる印鑑が、いわゆる『認印』と、『実印』です。それらにはどのような違いがあるのでしょうか。

まず、一番無くしてはいけない印鑑、それが「実印」です。実印と言っても、自分がそれを実印であると認識しているだけでは意味がありません。役所で、特定の印鑑が実印であることを登録、証明しなければならないのです。そこで、正式な書類などに用いることができる、『印鑑証明』を行う必要があります。これによって、特定の印鑑を実印として用いることができます。印鑑証明に用いる印鑑は、言ってしまえばどのような印鑑でも構いませんが、シャチハタは印鑑証明で登録することが出来ません。もし紛失してしまった場合は、所定の手続きを踏む必要があります。

対して、『認印』は、多くの場面で用いることができる、使用度の高い印鑑です。これは役所で登録する必要はありませんが、シャチハタのように、正式な書類に用いることができないものもあるので、注意が必要です。日本において広く用いられている印鑑は、私達自身を証明するものとなります。