個人証明が大切な時代だからこそ

現在では、私達自身の身分を証明する方法は多くあります。もちろん、正式に認められている方法というのは今までとあまり代わりませんが、「手段」が増えているのです。現在ではオンライン上の決済も増えて、インターネットがあれば借り入れ一つも簡単に出来るようになっています。しかし、そういった場合でもやはり印鑑が必要になってくることが多くあり、まさに契約時には不可欠なもの、と言えます。

確かに印鑑は、他の証明方法と比べたときに複製しやすいとか、偽造しやすいというデメリットがあります。ただ、印鑑が持っている役割は一つでは無く、そこには『自分(押印した人)が責任を負う』ことを証明する、というとても重要な点も含まれます。その書類に押印することによって、その押印(書類の内容)に対する責任を負うことを証明する、ことになるのです。これを考えると、今後も印鑑の効力はまだ衰えない、と言えます。

印鑑は低価格のモノから、象牙などを用いた高級なものまで、多くあります。普段使う分には低価格の物で良い、と思われるかもしれませんが、法人用の印鑑や実印に用いる印鑑などは、ある程度高級な物を持ちたい、と思われる方も多いでしょう。そこで、インターネットの通販を利用出来ます。

通販で買うメリット

商品を通販で購入するメリットとは、どのような点でしょうか。
まず一つ目には、『十店舗に足を運ぶ必要が無い』というメリットです。ただ一つ印鑑を飼うために専門店に向かうのは、実際のところ手間です。すぐに今日必要!という場合で無い限り、インターネットの通販で注文する方が何倍も楽でしょう。それに、クレジットカードなども利用できますので、決済も簡単です。

また、インターネット通販で扱う印鑑には様々な種類があり、それらのグレードを選びながら購入することができます。実印や銀行印、訂正印などの実用的な印鑑に加え、法人用の実印や銀行印なども注文することができます。ゴム印やシャチハタなどの印鑑もまとめて複数注文することが出来るという点も便利です。印鑑のアクセサリー、朱肉やマット、スタンプ台なども同時に購入できるのも、便利ですね。

通販は現代で多くの人が利用しているサービスですが、印鑑の購入に関してもそれを積極的に利用することができます。一定以上の金額を注文すると送料が無料になるサービスや、後払いなど様々な決済方法を扱っている通販サービスもありますので、印鑑が必要になった際は、ぜひ通販でのサービスを積極的に利用してみましょう。

認印と実印の違い

さて、通販で印鑑が買えることを取りあげる前に、そもそも印鑑にはどのような種類があるのか、という点について取りあげましょう。皆さんも良く用いる印鑑が、いわゆる『認印』と、『実印』です。それらにはどのような違いがあるのでしょうか。

まず、一番無くしてはいけない印鑑、それが「実印」です。実印と言っても、自分がそれを実印であると認識しているだけでは意味がありません。役所で、特定の印鑑が実印であることを登録、証明しなければならないのです。そこで、正式な書類などに用いることができる、『印鑑証明』を行う必要があります。これによって、特定の印鑑を実印として用いることができます。印鑑証明に用いる印鑑は、言ってしまえばどのような印鑑でも構いませんが、シャチハタは印鑑証明で登録することが出来ません。もし紛失してしまった場合は、所定の手続きを踏む必要があります。

対して、『認印』は、多くの場面で用いることができる、使用度の高い印鑑です。これは役所で登録する必要はありませんが、シャチハタのように、正式な書類に用いることができないものもあるので、注意が必要です。日本において広く用いられている印鑑は、私達自身を証明するものとなります。

印鑑を通販で買う?

自分を証明する方法はたくさんありますが、対外的にそれを行う方法と、書類上でそれを行う方法は異なっています。例えば対外的には、相手は私達の顔を見るだけで、知り合いであればその人を知り合いだと認識することができます。しかし、書類上はそうも行かないでしょう。あくまでそこでは、第三者からもそれが分かるように、自分の身分を証明しなければならないので、様々な手順が必要となります。

そこで用いられるのが、『印鑑』です。これは、日本において古くから用いられている証明のための方法であり、今でもこれが用いられているのは、その歴史の古さと確実性が認められています。印鑑は一見複製しやすいので証明する方法には向かないと思われるかもしれません。しかし、印鑑はそれだけでなく様々な用途に用いられるものであり、それには『責任』や『委託』と言った問題も関係してきます。その人の氏名が書かれた印鑑が押してあるだけで、やはり日本ではその書類が公に認可される書類となる場合が多いのです。最近では電子署名も用いられるようになりましたが、今でも印鑑を証明とする習慣は残っています。

誰もが自分自身の印鑑を持っており、認め印として登録してある印鑑もあると思います。そういった印鑑は無くしやすいので、新しく作る際にまた印鑑を販売する店で買ってこなければ、と思うのですが、そもそも販売店が少なくなっている昨今、インターネットの通販で印鑑を買えるのは、とても便利な世の中であると言えます。